木鐸社

Tel:03-3814-4195112-0022 東京都文京区小石川5-11-15-302

『統治の不安と日本政治のリアリティ:政権交代前後の底流と国際比較文脈』

著者紹介

 1955年生。同志社大学社会学部・大学院社会学研究科教授。博士(社会心理学)。1978年東京大学文学部卒業、1992年東京大学文学部助教授、2000年東京大学大学院教授などを経て、2013年より現職。著書にPolitical Discussion in Modern Democracies (2010年共編著、Routledge)、Social Network & Japanese Democracy (2011年共著、Routledge)、『新版 社会のイメージの心理学』(2013年単著、サイエンス社)、The International Encyclopedia of Political Communication, 3 Volume Set. (2015年共編著、Wiley-Blackwell)、『震災から見える情報メディアとネットワーク』、(2015年編著、東洋経済新報社)、『日本人の考え方 世界の人の考え方:世界価値観調査から見えるもの』(2016年編著、勁草書房)、『「日本人」は変化しているのか:価値観・ソーシャルネットワーク・ 民主主義』(2018年編著、勁草書房、日本社会心理学会第20回出版賞)、『補訂版 社会心理学』(2019年共著、有斐閣)、他、専門誌掲載論文含め多数。

内容紹介

第一に小泉自民党政権後の政治の底流を有権者の視点から検討し、第二に投票をめぐる社会的関係資本の複合規定を理論予測と現実の流れにそって検討する。第三に海外に目を転じアジアと世界の中で日本人がどれほど特殊なのかを比較文化的に検討する。カヴァーするデータの長さは四十年余に及ぶ。日本政治のリアリティの構造を鳥瞰する決定版。

目次

<< 前のページに戻る

サイト内検索

↑ PAGE TOP