木鐸社

Tel:03-3814-4195112-0022 東京都文京区小石川5-11-15-302

『選挙サイクルと投票行動』

著者紹介


内容紹介

 

目次
第1章 本研究の視座
1.問題関心
2.意義
2.1 比較選挙研究としての意義
2.2 日本における選挙・投票行動研究としての意義
2.3 日本政治研究としての意義
3.構成
補遺 衆参両院選挙における政権与党の得票率
第2章 先行研究
1.導入
2.コートテイル効果仮説
3.レファレンダム仮説
4.政策バランス仮説
5.欧州における「二次選挙second-order election」モデル
6.分割政府の下での有権者の意識と行動
7.小括-日本の政治的文脈への援用可能性-
第3章 衆参両院選挙におけるパーソナル・ヴォート
1.導入
2.背景
3.分析手法
4.分析結果
4.1 仮説1の検証
4.2 仮説2の検証
5.小括
第4章 衆参両院選挙における業績評価投票
1.導入
2.背景
3.分析1:衆参両院選挙における業績評価投票の使い分け
3.1 手法
3.2 仮説1の検証結果
4.分析2:衆参両院選挙の重要度に関する認識の条件付け効果
4.1 手法
4.2 仮説2の検証結果
4.3 仮説3の検証結果
5.小括
第5章 参院選における政策バランス投票
1.導入
2.背景
3.分析手法
3.1 分析1:グループBの政治的洗練制に関する分析
3.2 分析2:6回の国政選挙における投票行動の分析
3.3 分析3:2003年衆院選-2004年参院選パネル調査の分析
4.分析結果
4.1 分析1の結果
4.2 分析2の結果
4.3 分析3の結果
5.小括
第6章 参院選における多元的民意の反映
1.導入
2.背景
3.分析手法
3.1 分析1:「多元的民意の反映志向(党派的側面)」の構成概念妥当性
3.2 分析2:2013年参院選・14年衆院選における投票行動
4.分析結果
4.1 分析1の結果
4.2 分析2の結果
5.小括
補論 多元的民意の反映の人材的側面
第7章 「ねじれ」状況下における業績評価と投票行動
1.導入
2.背景
3.分析手法
3.1 分析1:「ねじれ」状況に対する有権者の見解
3.2 分析2:内閣業績評価
3.3 分析3:投票行動
4.分析結果
4.1 分析1の結果
4.2 分析2の結果
4.3 分析3の結果
5.小括
第8章 結論:「中間選挙」としての参院選の意義
1.要約
2.貢献
3.「中間選挙」としての参院選の意義,参議院の存在意義
参考文献
補遺A データの出典
補遺B 二次データ 変数の定期
あとがき
索引
図表一覧
表1-1 国政選挙における与党の相対得票率の規定要因
補表1-1 衆参両院選挙における政権与党の相対得票率(差)の規定要因
表2-1 米連邦下院・上院の党派別議席数及び大統領の出身政党
表3-1 ロジット分析結果(1996年衆院選)
表3-2 ロジット分析結果(2003年衆院選)
表3-3 多項ロジット分析結果(2004年参院選)
表3-4 シミュレーション結果(2004年参院選)
表3-5 シミュレーション結果(2004年参院選)
表4-1 望ましい政権の枠組みに関する回答の分布
表4-2 多項ロジット分析結果
表4-3 内閣業績評価の変化に関するシミュレーション結果
表4-4 衆院選と参院選の重要度
表4-5 衆参両院選挙の相対的重要度・ロジット分析結果(2013年参院選WEB調査)
表4-6a 多項ロジット分析結果(2009年衆院選)
表4-6b 多項ロジット分析結果(2007年参院選)
表4-6c 多項ロジット分析結果(2010年参院選)
表4-7 シミュレーション結果
表5-1 保革イデオロギ一次元上における有権者の分類
表5-2 各類型に該当する回答者の割合
表5-3 多項ロジット分析結果
表5-4 ロジット分析結果
表5-5 政策態度の効果
表5-6 2003年衆院選-2004年参院選パネル調査データ分析結果
表5-7 シミュレーション結果
表6-1 多元的民意の反映志向・検証的因子分析結果
表6-2 分析1結果(OLS)
表6-3a 2013年参院選・投票行動の分析結果(条件付ロジット分析)
表6-3b 2014年衆院選・投票行動の分析結果(条件付ロジット分析)
補表6-1 人材的側面を従属変数にとった分析1の結果(OLS)
補表6-2 政党名投票/候補者名投票・ロジット分析結果
表7-1 「ねじれ」状況に対する見解に関する分析結果(OLS)
表7-2 歴代内閣の業績評価に関する分析結果(OLS)
表7-3 投票行動の分析(条件付ロジット分析)結果
表7-4 内閣業績評価の影響に関するシミュレーション結果
図1-1 国政選挙における与党の相対得票率
図1-2 議院内閣制・二院制下の政治過程のモデル
図2-1 政策バランス仮説のモデル
図2-2 政策バランス仮説-検証における変数間の関係
図3-1 政党重視か候補者重視か:衆院選
図3-2 政党重視か候補者重視か:参院選
図3-3 政党重視の投票者の政党選択
図3-4 候補者重視の投票者の政党選択
図4-1 国政選挙直前の時事世論調査における,内閣支持率と不支持率の差
図5-1A グループAの平均的な有権者の,民主党候補への予測投票確率
図5-1B グループBの平均的な有権者の,民主党候補への予測投票確率
図5-1C グループCの平均的な有権者の,民主党候補への予測投票確率
図6-1 多元的民意の反映志向(党派的側面)
補図6-1 多元的民意の反映志向(人材的側面)
図7-1 「ねじれ」状況に対する見解
図7-2a 「ねじれ」状況に対する見解の条件付け効果(2012年衆院選)
図7-2b 「ねじれ」状況に対する見解の条件付け効果(2013年参院選)

<< 前のページに戻る

サイト内検索

↑ PAGE TOP